google-site-verification: google0d9076928c785236.html

大阪暮らし ぼちぼちいこか

大阪に住み始めて7年めのきーちゃんが綴る大阪での日々のことあれこれです。

来年の手帳は自分が使いやすい物を自作するのだ!その2

 

www.osakagurasi.com

 先ずはどういう手帳が欲しいのか。

イロイロ変更になるとは思うけど、ひとまず、構想を練ってみる。

 まずは大きさ。前回も書いたけど、老眼だから小さいのはダメだ。書くのも老化によって手の器用さが失われつつあるようで、小さい細かい字は書きにくいのだ。

 かといって、大きければ大きいほど良いというわけではない。だって、あまり大きいと持って歩くのに不便だ。だからA5サイズくらいがいいのかな?サイズに関してはまだ考える余地があるかな。

猫を膝にのせて考える人、頭の中は小さい手帳と大きな手帳

 そして、横開きが良いと思うのである。

なんで、私にとって横開きがいいのかというと、カレンダーに書き込む習慣がついてしまっているからかもしれない。だからマス目が横長なタイプの方が書きやすい。それなら手帳を上下に開けば?と思うが、これだと視線の流れが私にとっては不便なのだ。視線の流れが上下よりも左右の方が見やすい。

カレンダーに書き込む後ろ姿と縦の視線の動きと横の視線の動きで横の方がラクと書いてあり、横になった猫がそうねと言っている

 次にノートのように綴られているものより、バインダータイプでページの差し替えができるものがいい。失敗したページなんかを無かったことにできるし、毎年使えるページはそのまま残せるから。例えば住所録とかね。

ここまでで、A5サイズの横開きバインダーに決定。

予定のページは左ページにブロックタイプで1ヶ月、右ページにはメモができるように空白を。

1月から12月まで各月ごとに見開きで。

 あと住所録のページ。ブログやマンガのアイディアをメモる専用ページがあったらいいかも。

こんなカンジでイメージができた。

下調べをしてみる

 インターネットがあってよかった!そう思えるのは調べ物をする時ですな。24時間いつでも質問に応えてくれる。

グーグル先生いつもお世話になってます。ありがたい、ありがたい。

 まず、A5の横開きのバインダーをググってみたが、リングタイプのはよくある事務用品の2穴タイプの物しか見当たらない。たぶん、A5の横開き欲しい人は私以外にもいると思うのだが。需要がないのかしらん?

 タメイキつきながら、何かないかなぁと『バインダー』で検索していると『バインダー金具』という物を発見!

 なんと!金具だけ売っているのね。

 おお!あるある!ブログが!そしてやはり!ナカーマ!手帳を自作している人がいる!

パソコンを見て、欲しい情報、知識、そして仲間を見つけて喜んでいる人と猫

 なるほどなるほど。みなさんいろいろやり方はあるけど、基本は硬めの芯になるものにバインダー金具を取り付けて、ソフトな皮や布でくるむのですな。

 よぉし!おばちゃん東急ハンズに行っちゃうぞー!

行ってみよう!

 行って来たよ、東急ハンズ。

都会のいいところはこうして、すぐにブツが手に入るところですな。

 梅田の大丸の文具売り場で、しばらくウロウロ探したが、バインダー金具は見つからない。本屋さんみたく検索機械があればいいのにと思いながら、店員さんに聞くとすぐ案内してくれました。

 皮製品のところにありました!大きさは長短2種類しかなくて、A5サイズの短い方の辺に納まる大きさの短い13㎝の6リングに。留め具は幸い初心者さんに優しいネジ式だった。ラッキー!

 今度は金具を取り付ける芯になるような固いもの・・・これはプラスチックのファイルを切って使っている人や厚紙を使う人とか、様々だったので、厚紙を使うことにして、ウロウロした結果、イラストレーションボードなるものを買いました。厚さは1ミリなので私でもなんとかなりそう。

 さっそく家に帰って作製開始。

やってみよう!

 まずは厚紙のイラストレーションボードに鉛筆でサイズを書き込んでカッターで切る。

イラストレーションボード

 A5の縦(短い方)は15㎝だけど表紙にするから少し大きめにしないと、中のページの端が傷むので5㎜くらいの余裕を上下につけて16㎝で。

 横(長い方)は見出し用のタブをつけるから1cm多めと、リングファイルの立ち上がり分1cmとして2㎝多めで23㎝として、表裏で2枚用意した。

切り出した台紙

 そして背表紙は金具のサイズを実寸で測って2㎝幅で長さは16㎝で1枚。この背表紙には金具を載せて、ネジ穴部分に印をつけて穴を開けておく。

 これを用意した布に・・・え・・・布用意してない。

 まぁ、家にある余り布のなかでも気に入ってるやつで。後で後悔しそうだけど、やり直しがきくので大丈夫、大丈夫。

 用意した布の上に間は5mm開けて載せ、周りは1cm(のりしろ)で切る。

布の上に並べた台紙

厚紙に糊(ボンド)を塗って布の上に載せ、角部分は2mm残して45度の斜めで切る。

上下ののりしろで包むように貼って、次に左右を貼る。

切った布の上に台紙を載せて、上部分を糊付けしたところ

 内側にも紙(または布)を貼って、金具を取り付ければできあがり!

内側に紙を貼って金具を取り付けたところ

紙に塗った糊が乾かないうちにイロイロ動かしまくったので一部破れてしまいましたが、 あら?以外に簡単にできてしまった。

見て見て~!

出来上がったバインダー

バインダー!

斜め上から見たバインダー

 大きさは市販のA5のバインダーより、少しスリムで、少し長い。下に少し見えているのが市販のA5 バインダー。

市販のA5サイズバインダーと重ねたところ

 嬉しくてまだ内側の紙が乾かないうちにパタパタしたら、金具周りが破れてしまったわい・・・トホホ。

 でも、ダイジヨーブ!金具を外して、破れたところを製本テープで補修!

 内側も好みの布で貼ればもっと素敵だったかな。 

製本テープで金具周りを補修したバインダー内側

 内側の紙もすっかり乾いて、これでオケオケ。

 さぁ!次は一番肝心の中身だよ~。

でも、疲れたので続きは次回へ~。

ではでは またね(=゚ω゚)ノ